子育てのヒント

(1)子どもを取り巻く問題は何か

   

  21世紀を目前に控えた今、私達の国には、国際的にみても前代未聞の極端な少子・高齢社会が

 訪れようとしています。これは、国・地域社会・家庭というように、様々な目の高さから考えなけ

 ればならない、重大な問題です。このことを、社会の最小単位である家庭と子育ての側面から予測

 してみると、少なくとも次のような問題に直面することが容易に想像されます。仕事も、町内会や

 PTAなどの地域の世話も、家庭における子育てやお年寄りの介護も、全部、「働く世代」で賄わ

 なければならない。これは今までと同じ仕組みや、やり方では無理なんだろうと思います。

   

 実際問題、少なくともかなり前から、女性の社会進出に対する意識の変化と、労働人口確保の要請

 から、女性の社会進出を必要として積極的に奨励し、その受け皿を作ってきた観のある国の、家庭

 での「仕事と子育ての両立」に対するフォローと、より厳しさを増す先の時代への備えは、まこと

 に陳腐なものでありました。歴史的にみても、労働者人口を確保するために、人口の都市への集中

 を促し、核家族を当たり前のように増加させてきた現代社会は、経済的繁栄と引き換えに子ども達

 から「おじいちゃん、おばあちゃん」を奪ってしまった。このことは裏返せば、おじいちゃん、お

 ばあちゃんから、可愛い孫を奪い、母親から信頼できる強力な助っ人を奪ったともいえるのです。

   

  

また、世界的にみても、20世紀に人類が辿ってきた、物質志向の文明の方向性

は、大きな転機を迎えているように思われます。これまでの我が国の経済成長を

支えてきた、大量生産、大量消費の仕組みのもとで利益を生み、「カネさえあれ

ば幸せが手にはいる」という図式は、明らかに崩壊の時を迎えようとしています。

 少なくとも鋭敏な感性を持つ子供は、既にそうは見ていない。

  国も、地域社会も、会社も、家庭も泣いている。時代の先が読めずに、不安で、活気がない。

 回りを見渡してみれば、明るく元気な大人が居ない。ニュースを見ても、明るい話題が殆どない。

  活気も、明確な目標も、将来の展望もない大人社会を目のあたりにした多感な子どもに、テレビ

 ゲームの中の世界へ逃避するな、といっても、どれほどの説得力があるでしょうか。

 こんな時代に生きる現代の子ども達の事を、どれだけ多くの大人達が真剣に考えているでしょうか。

   

 ※子育てのヒントその1    =    親をはじめとする大人達が、どんな時代であっても自ら

 夢を持つことをあきらめず、その夢を叶える為の目標に向かって、生き生きと生活する姿を、身を

 もって子どもに示してあげる事が、最も重要なポイントです。いちばん大切な事は、親や、保育者、

 学校教師、地域社会が一致団結して、どんな情勢であっても「夢を持つ事は大切なことであり、そ

 れをあきらめてはいけない」という事を、みずからお手本を示しながら伝えることです。

 小さなことでも、家族に関係のない、自分だけの事でも良いんです。

  子どもが小学校にいるうちに家族で国内旅行に行くことだって立派な夢であり、そのために設定

 した貯金の目標額は、夢を叶えるための立派な目標です。お父さんが、家庭でギターの練習を

 積み、 家庭内でささやかな発表会を開くことだって、立派な夢です。

 まず、我々大人達が、生きる目標をはっきりと持つようにしましょう。それはできれば、物や成績、

 社会的地位といったものでなく、「心の豊かさ」を求める方向であるべきです。なぜならば、その

 願望は、どんな境遇に生まれても、時代がどうであっても、人は持つことが出来ます。

  家庭の中に、夢と希望と思いやりがあれば、子育てに困難な問題は起こらないものと考えましょう。

   

⇒おじいちゃん、お婆ちゃんの存在も大切にし、孫のお世話を手伝って頂き、子育てをする喜び

   を分かち合いましょう。将来お年寄りの面倒を見る代わりに、孫の世話もして頂きましょう。

マ私達職員は、保護者の皆さんと車の両輪となって、21世紀を担うお子さん達が、明るく元気

   に成長できるように、精一杯明るく振るまい、保育を進めていきたいと考えています。

  

  


(2)なぜ?何でだろう?
  

 日々の子育ての現場で、頻繁に出現する子供からのメッセージ、「なぜ?何で?」の問いかけ。

わが子から、こうした疑問の言葉を聞いたことがないお父さん、お母さんはいらっしゃいますか?

子ども達は毎日の生活の中で、自分の目の前に現れる、大人の側から見れば余りにも小さな、

身近な出来事にたいして旺盛な興味を持ち、自分の見た出来事に対していろいろな疑問を感じ、

その解決を通して学習を重ねて行くのです。

子どもの育ちの過程のなかで、頻繁に出現する「なぜ?何でだろう?」の質問攻め。

ていねいに答えてあげたつもりでも、その答えに対して、また、新しい問いかけがやってくる。

「それはなぜ?何でなの?」数回に渡るやり取りのあと、ついにお父さん、お母さんは、返答に

困ってしまうこともあるでしょう。でもこのときなぜ、答えられなかったのかということを考えてみた

ことがありますか? お子さんの投げ掛ける「問い」の深さが、どんどん深まっているからという

ことに気が付きますか?

子どもの発するメッセージには、実はとてもとても深い意味が込められていると思うのです。

  

・朝、挨拶をする、しない

・髪をとかす、とかさない

・新聞を読む、読まない

・食事の前に手を洗う、洗わない

・電車内で咳をする時、口に手をあてる、あてない

・ゴミ指定日、指定場所を守る、守らない

・お仕事に行く、行かない

・疲れている時に、こどもと遊ぶ、遊ばない

・約束を守る、守らない

・家事を手伝う、手伝わない

・車のいない時、赤信号でも渡る、渡らない

・夢がある、ない

・地域の世話を手伝う、手伝わない

・電車で見知らぬお年寄りに席を譲る、譲らない

・たばこや紙屑を道に捨てる、捨てない

・友だちを作る、作らない

・他人の子どもを叱る、叱らない

・欲しいものがあっても、我慢をする、しない

・友だちを大事にする、しない

・音楽をきく、きかない

・献血に行く、行かない

・親の面倒をみる、みない etc.

  

 ※子育てのヒントその2       =       小さな「選択」の積み重ねを大事にする。

 私達大人が日々の生活の中で、何気なく無意識に行っている、数知れない小さな選択(意志

決定)、悩み抜いた挙げ句にする大きな選択。子どもは、これを思いもよらぬ程の大きな好奇

心で見守っているのです。そして大人達の選択を、子どもは知らぬ間に、学習してしまいます。

そして、また疑問を感じます。この前きいた時に、お父さん、お母さんは、ああ答えたけれど、

だとしたらこの場合、こうしないのはなぜだろう?人間の人格、パーソナリティというものは、

こうして形になって行きます。親子の信頼関係の崩れも、ここから始まります。子どもには、

言葉だけではごまかしが効かないのです。

誰もが守る、社会的な約束ごと。これが社会に存在するならば、その範囲の内容については、

友だち、保育園、学校、会社など、社会からも学習して行くことができます。ただし、それを

守るという気持ちは、どこから生まれますか?また、善意、誠意、いたわり、誠実など、人間

が「けもの」でない明かしとなる幾つかの項目については、どうでしょうか?子どもはどこから

学ぶのでしょう?

強制されるべき約束事のない、自由な中から、大人がみずから考えてするような性質の「選択」

については、その学習をさせるのは、やっぱりお父さんやお母さんなど肉親の役割なのです。

  

「何でわざわざ、そんなことをするの?」

「それはね、お父さん(お母さん)がそうしたいと思って、決めたからだよ。なぜ?…だって、

その方が素敵だと思わないかい?」

うまく言葉に出来なくても、お子さんには伝わります。

  

子育てのヒントに、特殊なものごとはありません。日頃から自分の小さな「選択」を大事にしましょう。

そして幸運にも子供から聞かれたら、なるべくまっすぐに答えてあげましょう。

自分の選択に責任を持ち、ちょっぴり自分に誇りを持ち、自分の人格を大事にするところから、

良い子は育ちます。子が社会的な約束ごとを守らないetc。それは大人が悪いのであって子供は

それを正直に映し出しているに過ぎないのです。私達大人の側が社会を良くしなければ、本質は

解決されない。親の持つ役割の重要さに、もう一度、気がついて欲しい。

「子は親の鏡」「子は世相を映す」などと昔から良くいわれている言葉には、こうした願いも込められ

ていると考えると素敵だと思います。

2000.9記 大西 俊彦


[INDEXへ戻る]